RAIZAP流 教師2.0への道 〜筋トレ×読書×教師で面白さにコミット!〜

10年目の小学校教師(体育主任8年目)(3.5.5.6.2.3.5.6.5.6) で専門は体育。筋トレ×読書×教師でレアカード目指します。効率的に仕事を進めつつも『面白さ』にコミットしていく!教師1.0からの教師2.0!!を目指すブログです。

Vol.5 筋トレのメリット①筋肉つけて太りにくい身体へ!

 

 筋トレにはメリットがある。

 

 

時間、場所、金がかかる(ジムの場合)、めんどくさい、キツい、重い、疲れる、スキニーデニムがはけなくなる、ワイシャツの肩がパツパツになる(笑)などのデメリットに目をつぶってでも筋トレをやるメリットがある。

 

 

前回の記事で

筋トレは結果が可視化できて、自己肯定感が高まると言うことは書いたが、

 

筋トレのメリットはそれだけにとどまらない。

 

 

筋トレのメリットはTwitterでもいくつか紹介したが、

140字では伝えられなかった分まで何回かに分けて、伝えたいと思う。

 

ただし、自分の経験や読んできた本、ネット情報による、あくまで個人的な考えである。間違えている部分もあるかもしれないがご理解いただきたい。

そしてごく当たり前であり、一般的なものも敢えて紹介する。

 

 

 

①筋肉が増えると基礎代謝量が上がり、太りにくい体になる

 

f:id:RAIZAP-teacher-2-0:20180611203822p:plain

 

 

 

基礎代謝量とは

 

基礎代謝 安静状態でも呼吸、心臓の動き、体温維持などの生命活動を維持するために消費される、必要最小限のエネルギー代謝。 基礎代謝には個人差があるが、年齢・性別ごとの標準的な1日当たりの基礎代謝は、基礎代謝基準値×体重で算出される。

 

基礎代謝量を上げるということは

 

つまり簡単に言えば

 

 

燃費の悪い体になるということ

 

 

取り込んだエネルギーが普通の人に比べて消費されやすいため、脂肪がつきにくくなり

 

さらにエネルギーが切れると、体に蓄積された脂肪をエネルギーへと変えてくれる。

脂肪を燃やすというのはまさにこのことだ!

 

 

つまり

太りにくく痩せやすい体になるのだ!

 

 

筋肉が多い人は、肝臓や腎臓、心臓といった代謝が非常に活発な組織も大きい傾向にある。そのため、報告によって差があるものの、筋肉や内臓、神経、骨などを含む「除脂肪量」(=体脂肪以外の量)で考えると、筋トレによる除脂肪量1kgの増加につき、基礎代謝量は50kcal近く増える傾向にある。

 

たかが50kcalかもしれないが、

 

されど50kcal!!

 

50kal消費するためには

ウォーキングやエアロバイクを20分弱の間、続けて行わなければならない。

 

これが筋肉をつけるだけで

 

毎日、自動消費されていくのだ。

 

そこで

教師に筋トレをお勧めする理由なのだが、

 

教師は太りやすい職業だと言っても言い過ぎではないと自分は思っている。

 

若いうちはいいかもしれないが、

やはり代謝が落ちてくる年代を見ると失礼ながら太っている先生方が多い。

 

また、以前は痩せていた先生と数年ぶりに会うと、だれか分からないくらい太っていた例もある

 

 

教師のみなさんは、

もちろん知っていると思うが、

 

 

給食のカロリーはめちゃくちゃ高い。

 

 

そこに多忙による運動不足、

そして

放課後のお菓子というリーサルウェポンが加わればどうなるか想像するのは容易だろう。

 

 

さらに仕事でストレスが溜まれば、お酒もたくさん飲んでしまうだろうし、脂っこいジャンクな食べ物や砂糖がふんだんに使われた甘いものを躊躇することなく食べてしまう。

 

 

 

なぜなら

 

ストレスは

過食を引き起こしやすいからだ!

 

 

以上を踏まえると

 

 

教師がふつうに過ごしていて年齢を重ねると

 

痩せることがあるだろうか?

 

 

いやない!

 

 

むしろ太る!

 

というか太らないわけがない。

 

 

年齢を重ねていくと基礎代謝量は落ちていく。

 

食生活を変えずに従来通り過ごしていくのは

肥満への道をまっすぐ進んでいると言っても過言ではない。

 

 

それならば

筋トレをして基礎代謝量を上げることが

痩せる効率的な方法ではないだろうか?

 

 

痩せることは簡単じゃない。

 

もちろん食事制限もマストだ!

 

ただ、食べることに幸せを感じる人もいる。

 

だからこそ

筋肉をつけて、基礎代謝量を上げて、食事制限を少しでも軽減させる助けになれれば!

 

と思う。

 

さぁ、その場でやってごらん?

 

そうそう膝をゆっくり90℃まで曲げてお尻を落とす。

そして

ゆっくりもとに戻す!

 

さぁ、スクワット10回!笑